気になるほくろは治療で除去【微調整が効くのは電気メス】

女性

炭酸ガスレーザーで除去

女性

レーザーで手軽に除去

ほくろはチャームポイントになることもありますが、場所によってはコンプレックスになってしまうケースもあります。特に顔は目立ちやすいということもあり、気になるほくろを治療で除去したいと考えている人も多いでしょう。クリニックで行われている除去治療の中でも現在、最もポピュラーに行われているのが炭酸ガスレーザーを使った施術です。炭酸ガスレーザーは水分に反応する特殊なレーザーで、ほくろ部分に照射すると皮膚に含まれる水分に反応します。レーザーを照射した箇所は蒸散といって、レーザーの熱により削られるような作用が生まれるため、ほくろを除去できるという仕組みです。ほくろを除去する治療法の中にはメスを使って取り除く方法もありますが、この施術法だと傷跡が残ってしまうリスクがあります。一方、炭酸ガスレーザーの場合はメスを使わないので傷跡が残り難く、また治りも早いというメリットがあります。顔にメスを入れるとなると不安を感じる人も多いですが、炭酸ガスレーザーであれば気軽に受けられるとして人気です。レーザーを照射するだけで気になるほくろを消すことができる、炭酸ガスレーザーでの治療ですが、初めて施術を受ける場合はアフターケアを事前に確認しておくと良いでしょう。炭酸ガスレーザーの場合は施術後、しっかりとケアができるかどうかで施術部位の治りが変わってくると言われているからです。炭酸ガスレーザーでほくろを除去する治療を行っているクリニックの大半が、施術後に患部を保護するために軟膏を処方しています。施術当日にお風呂に入るのは問題ないと言われているので、患部が清潔になる入浴後に医師の指示通りに軟膏を塗ってケアしましょう。この時、軟膏を穴が塞がるほど塗ってから、絆創膏や専用テープなどで保護するのが正しいアフターケアです。炭酸ガスレーザーによる治療後は、施術患部が紫外線のダメージを受けやすい状態となっているので、UV対策もしっかり行う必要があります。ほとんどのクリニックで施術部位に貼る専用テープは、紫外線を通さない特殊なものとなっているので貼り忘れなければ、紫外線の影響は受けません。