気になるほくろは治療で除去【微調整が効くのは電気メス】

女性

傷跡が残りにくいです

背中

良性の場合は除去します

ほくろはメラニン色素が集まっている状態なので、褐色や黒っぽい色で直径が2mm前後の小さい物から、大きく盛り上がっている場合もあります。顔や体の目立つ部分にあると、容姿に悪影響が出てしまうので悩んでいる人がほとんどです。ほくろは良性と悪性の2種類があるので、指でいじったり、自分で切除したりするのは避けて下さい。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、専門的な知識を持っている医師が在籍をしているので、問診や視診を行い、良性の場合はほくろ除去の治療を行います。以前はメスによる切除を行い、傷跡を縫合する治療を行うことが多かったですが、現代は炭酸ガスレーザーによるほくろ除去がポピュラーになっています。炭酸ガスレーザーは皮膚の深い部分や、健康な皮膚の部分にはダメージが無く、痛みをほとんど感じずに治療が受けられます。メラニンの黒い部分だけでなく、健康な皮膚の部分にも炭酸ガスレーザーを照射します。比較的小さい場合は、一回の施術で除去ができるので、幅広い年代の人が通院をしています。顔の鼻下や顎、目の周りなどに目立つほくろがあると、コンプレックスを感じている人がほとんどです。直径が5mm以上の大きめのほくろの場合は、炭酸ガスレーザーを数回照射する必要があります。メスで切除する方法に比べると、傷跡が残りにくいので施術後はきれいな素肌になれます。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、なるべく皮膚のへこみや傷跡を残さない治療を提案してくれます。一般的な皮膚科の場合はメスによる切除を行っている所も多いですが、美容目的ではないので多少の傷跡が残るケースもあります。仕上がりの美しさを重視する場合は、最新の医療機器を搭載している美容皮膚科や美容外科がお勧めです。盛り上がった大きめのほくろに毛が生えているケースもあります。ほくろに毛が生えている場合は医療脱毛を行ってから、治療を行うことが多いです。繊細な技術と豊富な経験が必要な治療なので、なるべく症例数を多く取り扱っているクリニックを選ぶことが大事です。問診やカウンセリング、診察に時間を掛けてくれる所を選んで下さい。