気になるほくろは治療で除去【微調整が効くのは電気メス】

女性

レーザーで除去が可能です

医者

病院で施術を受けましょう

ほくろとは私たちの顔や体の表面にできる、数ミリ程度の大きさの黒い色素の塊のことです。メラニン色素を含む細胞が増殖したものであり、色素性細胞母斑と呼ばれることもあります。よく似たものとしては肌の表面にできるシミがありますが、シミは美白成分を含む化粧品や飲み薬で改善が可能であることに対して、ほくろは改善が難しいことが大きな違いとなっています。顔の目立つ場所にできたほくろを消したい場合には、美容クリニックで治療を受けることを検討しましょう。治療にはレーザーが使われることが多く、波長の短い強力な光を照射することで肌の表面に軽い火傷を起こして、ほくろを除去することができます。メスを使わないため傷跡が残りにくく、効果が高く再発の可能性が少ない治療法になります。施術を希望する場合には美容クリニックを受診して、医師に相談をしましょう。施術は比較的短時間で完了しますし、事前の特別な準備なども必要ありません。ほくろが小さければ施術の際の痛みは少なく、麻酔なしで施術を受けることができます。レーザー光線を照射する治療は医療行為に該当するため、施術を行うことができるのは医師に限られます。施術を希望する場合には、美容クリニックや皮膚科に相談をしましょう。エステサロンなど医療機関以外の施設では、レーザーによるほくろ除去の治療を受けることはできません。施術に必要な時間は1回あたり10分から30分程度となっていますが、ほくろの濃さや体質などにより複数回の施術が必要な場合があります。費用はほくろの大きさが2〜3mmであれば、1万円から2万円程度が目安だと考えてください。レーザー治療は比較的大きなほくろにも対応しますが、状態によってはメスによる除去手術をすすめられることがあるかもしれません。メスによる除去手術ではほくろの部位を切り取って、傷が大きい場合には縫合を行います。縫合した場合には後日再来院をして、抜糸をしてもらうことが必要です。レーザー治療の場合にも手術の場合にも、費用については健康保険が適用される可能性がありますので、病院を受診する際に確認してみてください。