気になるほくろは治療で除去【微調整が効くのは電気メス】

女性

炭酸ガスレーザーで除去

女性

炭酸ガスレーザーでほくろを除去する治療法は、傷跡が残り難く回復が早いとして人気です。施術後に処方される軟膏はたっぷり塗って患部を保護します。施術部位に貼る専用テープは紫外線を通さない特殊なものなので、貼り忘れないようにしましょう。

More...

レーザーで除去が可能です

医者

ほくろはメラニン色素の塊であり、ほくろを消すためには病院で施術を受けるのがおすすめです。レーザーを照射してほくろを除去する治療は医療行為に該当しますので、施術を希望する人は美容クリニックや皮膚科などで相談をしてください。

More...

肌のコンプレックス除去

看護師

ほくろ除去治療と一言で言っても、大きさや深さ、その色によっても治療法が変わってきます。その一つであるQスイッチアレキサンドライトレーザーですが、そのレーザーはメラニン色素に強い影響を与える波長であり、負担が少なくお勧めです。

More...

気になる部分の治し方

医者

治し方や費用の違い

顔や身体にできたほくろを除去するにはいろいろな方法があります。たとえば民間療法もあれば、美容整形で外科的に取り除くというのも不可能ではありません。ただしどの方法もタダでできるものではなく、対価を支払って行うものがほとんどです。そのうちの民間療法にもぐさを使った物があり、こちらは数百円から数千円支払えば簡単に除去ができます。また専用の美容クリームを使った方法もあり、この場合は数千円程度の出費で治療することが可能です。とはいえ民間療法は確実な方法とはいえない上、結果を出すまでに時間がかかりかねません。そのため、一刻も早くほくろの治療をしたい方には不向きです。その点美容外科で治療すると、短期間で効果を出すことができます。その分費用は一回につき数万円ほどと高額ですが、確実に結果を出したいならこちらを利用するのが一番です。とはいえ美容外科でのほくろの治療は料金がまちまちなので、あらかじめ相場を確かめてから施術先を決めるようにしましょう。その上で評判を確認しておくと、安心してほくろの治療を受けることができます。美容外科におけるほくろの治療は、通常の外科手術の他にも電気メスや炭酸ガスレーザーで行います。どちらになるかは主治医の診断によるところが大きいので、希望通りにならなくてもがっかりしないようにしましょう。ちなみに外科手術になった場合は、くりぬき方や切除縫合法で行うことになります。この2つの方法は皮膚の深い部分までほくろをとらなくてはならない場合に使われます。メスで切開したり患部をくりぬいて縫合したりするため、若干の出血や痛みを伴う可能性があることは否定できません。さらに縫合した跡が残る可能性もあるため、そこも納得したうえで施術を受けるようにしましょう。対して電気メスや炭酸ガスレーザーは、表皮の浅い部分にできたほくろを治療するのに有効です。皮膚の表面を浅く削るので、術後の傷跡が目立ちにくいメリットがあります。より微調整が効くのは電気メスの方で、上手に患部を削ることできれいに除去することが可能です。いずれにしてもほくろの大きさや深さによって適した施術法が違うため、まずはカウンセリングを受けてみてから施術先を決めるようにするといいでしょう。

レーザーには2種類ある

鏡を見る人

ほくろの治療法のひとつであるレーザー療法には2種類あり大きさや膨らみの程度によって使用する方法が決められます。また治療には保険適応とならないことが多いため、事前にいくらぐらいの費用が科あるかを確認しておくと良いでしょう。

More...

傷跡が残りにくいです

背中

顔や体の目立つ部分にほくろがあると、コンプレックスを感じている人がほとんどです。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、丁寧な問診や視診を行った後に最適なほくろ除去の治療法を提案してくれます。現代は炭酸ガスレーザーを使用している所が多いです。

More...